> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
愛子さまが今週初めから学校欠席、不安訴え(読売新聞)
 宮内庁東宮職は5日、皇太子ご夫妻の長女で学習院初等科2年の愛子さま(8)が、腹痛や学校生活への不安を訴え、今週初めから欠席されていることを明らかにした。

 野村一成・東宮大夫によると、学校内で嫌な思いをする出来事があった可能性があり、皇太子ご夫妻も慎重に対応されているという。

日本アイ・ビー・エム、証券監視委が強制調査(読売新聞)
ミニ模型、ストラップ…尼崎市バスのグッズが密かな流行(産経新聞)
<法人税法違反>舟木一夫さんファンの会社社長に有罪判決(毎日新聞)
大津波警報 第2〜3波で1m急上昇 大船渡市(産経新聞)
<偽1万円札>関東で数百枚発見 日本人2人関与か(毎日新聞)
[PR]
by nhfgdh1zoy | 2010-03-07 07:50
<北教組事件>小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
 北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件で、陣営の会計責任者らが逮捕された民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)が4日、三井辨雄(わきお)・党北海道連代表と国会内に小沢一郎幹事長を訪ね「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と陳謝した。

 小林氏の進退について小沢氏は、三井氏に「道連で対応を考えてほしい」と述べ、対応を一任する考えを示した。仮に小林氏が今月15日までに議員辞職すると、公選法の規定で4月下旬に衆院補選が行われ、民主党は「政治とカネ」問題で不利な戦いを強いられる。このため小林氏は、16日以降まで進退の判断を保留するとみられる。【白戸圭一】

【関連ニュース】
北教組事件:書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか
北教組事件:「逮捕者は遺憾」文科相
北教組事件:小林千議員に進退論も「次々と大波」
小林氏陣営違法献金:北教組幹部ら4人逮捕 札幌地検
志位委員長:北教組の違法献金問題に言及

舛添、河野氏「人心一新」促す(産経新聞)
「妻は助かったのではないか」妊婦死亡訴訟判決前に夫が心境(産経新聞)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(5)(産経新聞)
大津波警報で町長選投票を一部延期…青森(読売新聞)
「生活費に困って…」 ひったくり容疑で男を逮捕 警視庁(産経新聞)
[PR]
by nhfgdh1zoy | 2010-03-05 19:29
仮病で市議会欠席、ハワイから病欠届け出(読売新聞)
 新潟市の佐藤豊美市議(65)(東区選出、新潟クラブ)が18、19日の市議会2月定例会を欠席する際、実際はハワイを訪れていたにもかかわらず、議長には病欠としてうその届け出をしていたことが23日、わかった。

 佐藤市議は同日、市議会の全員協議会の後で、各議員に経緯などを説明。それによると、佐藤市議が役員を務める食品製造会社の研修や、今後の業務拡大に向けた視察のため、同社社長とともに14日からハワイを訪れていたが、議会開会前日の17日、志田常佳議長に現地から電話で欠席の連絡をする際「病欠だよね」と言われ、思わず「はい」と答えてしまったという。

 佐藤市議は「議会は20日過ぎから開催されると思っていて、スケジュールが重なってしまった」とも述べ、「本当に申し訳ない。うそをついてハワイに行ったことをおわびし、権威ある議会に精進していきたい」と謝罪した。

 佐藤市議は22日に、志田議長に対し、うそをついたことを申し出ていた。

 議会事務局によると、欠席要件は定められていないが「社会通念上、3等身以内の親族の葬儀や、病気」が慣例的に守られてきた。欠席に対して、罰則や給与の減額などはない。また、定例会の招集は開会1週間前に行われるが、2月定例会の日程は12月定例会の議会運営委員会で予告されていたという。

 佐藤市議は1991年に初当選。現在5期目。2005年5月〜07年5月には議長も務めた。

いづろ通駅
自民党さん、日本人は忘れっぽいことを忘れずに(産経新聞)
「都内で空き巣100件」窃盗で逮捕の男供述、被害総額650万円の犯行裏付け(産経新聞)
<津波>太平洋沿岸、東海地方まで警報を注意報に…気象庁(毎日新聞)
外国人参政権法案の政府提出は困難 原口総務相ら(産経新聞)
[PR]
by nhfgdh1zoy | 2010-03-04 00:11
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
 鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長との会談が2日午後、終わった。会談は首相官邸で2人だけで行われた。

【関連記事】
予算案、今夜衆院通過 年度内確実
公益団体の議員兼職で二重基準 小沢氏は例外?
首相「適当ではない」 小沢氏の胆沢ダム受注業者からの献金
仙谷氏、新党連携に否定的 舛添氏発言
首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

普天間移設先月内取りまとめ 官房長官「防衛相と合意していない」(産経新聞)
予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)
地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報(産経新聞)
後輩に「当たり屋」強要 佛教大野球部員が無期停学(産経新聞)
「なぜ介護業界で働きたいかを伝えて」―厚労省が成長分野で就職面接会(医療介護CBニュース)
[PR]
by nhfgdh1zoy | 2010-03-02 16:57
<ハイチ大地震>「手術用機器の整備が急務」日赤チーム報告(毎日新聞)
 大地震で被災したハイチの首都ポルトープランスに派遣されていた日本赤十字社の医療チーム第1班の5人が23日、東京都港区の日赤本社で帰国報告会を開いた。仮設診療所での約3週間の治療活動を振り返り、「重症患者を搬送できる病院が不足しており、手術用機器の整備が急がれる」などと訴えた。

 5人は整形外科医の岡村直樹さん(34)=熊本赤十字病院、看護師の関塚美穂さん(40)=名古屋第二赤十字病院=らで、地震発生から4日後の1月17日に日本を出発。1万5000人程度が暮らす避難民キャンプに隣接するテント型診療所で、1日100人前後の患者を診療し、皮膚移植手術や感染症の予防接種も実施した。

 今月21日に帰国した岡村さんは「傷口の消毒が不十分な状態で縫合を受けた患者もいて、地震発生直後の混乱がうかがえた。症状に応じた丁寧な治療が必要だと感じた」。関塚さんは「キャンプは水道やトイレの不足が深刻で、感染症が発生すると一気に拡大する恐れがある」と今後の課題を指摘した。

 ハイチでは現在、日赤が派遣した医師や看護師ら22人がポルトープランスと激震地レオガンを拠点に活動しているという。【福永方人】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:雨期に備え緊急支援要請 プレバル大統領
ハイチ大地震:陸自医療援助隊の100人帰国し解組式
皇太子さま:雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)
五輪スノーボード:神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手
ハイチ大地震:復興支援活動の候補地視察 陸自PKO

<向精神薬>医師が元組員に30万錠横流し 営利目的で摘発(毎日新聞)
<都立高校>一般入試始まる 平均倍率1.53倍(毎日新聞)
シリコン販売で3億円脱税容疑、役員を逮捕へ(読売新聞)
<友愛ボート>日赤に参加打診 社長は慎重姿勢(毎日新聞)
真央にはビリケンさんがエール!逆転金だ!(スポーツ報知)
[PR]
by nhfgdh1zoy | 2010-03-01 12:31
   

カウンセラー、たまにはまったり行きましょう
by nhfgdh1zoy
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧